痛みの抑制理論:ゲートコントロール説

解剖生理学


 痛みは身の回りの危険を知らせてくれる重要な役割を持っています。しかし,それがその役割を果たした後も持続してしまうと人体に有害な影響を与えてしまいます。そうならないために,人の身体には痛みを抑制する系が備わっています。この記事では古典的な痛み抑制理論の一つ,ゲートコントロール説 gate control theory について簡単に,できるだけわかりやすくまとめたいと思います。

Gate control theory (ゲートコントロールセオリー) とは?

 Gate control theory とは,Patrick D. Wall と Ronald Melzack が1965年に提唱した疼痛抑制に関する理論です (Melzack and Wall, Science. 1965) 。当時,傷の周りの皮膚をなでると痛みが和らぐことや,脊髄後索の電気刺激に除痛効果があるといった臨床経験から,触刺激,つまり Aβ 線維からのインパルスが痛覚を抑制する可能性が示唆されていました。彼らはこの理論によって,このような抑制がどこで,どのように起こるかを説明したのです。

抑制が起こる場所

 Wall と Melzack は,脊髄後根膠様質にあるシナプス前抑制性の介在ニューロンによって,この抑制が引き起こされると考えました。Gate control theory が発表となる前年にLorne Mendell と Patrick D. Wall によって,太い線維を電気刺激すると陰性後根電位 (求心性線維のシナプス伝達の抑制を示す) が生じるが,太い線維を遮断した後に C 線維 (細い線維) を電気刺激すると陽性後根電位 (求心性線維のシナプス伝達の促通を示す) が生じることが報告されました (Mendell, J Physiol. 1964) 。このことは,太い線維からのインパルスによって C 線維の脊髄後根におけるシナプス伝達が抑制されることを示しており,抑制の局在が脊髄後根のシナプス伝達時に起こることを示唆するものでした。

どのように抑制が起こるか

 彼らの理論には4つの細胞,すなわち太い非侵害性感覚ニューロン (L線維) ,細い侵害性感覚ニューロン (S線維) ,脊髄後角の膠様質ニューロン (SG) および侵害情報を中枢へ伝達するニューロン (T細胞) が関与しています。SG は,自発的な発火をしており,常にL 線維とS 線維の終末にシナプス前抑制を引き起こします。L線維からのインパルスはSG活動を促通する一方で,S 線維からのインパルスは SG を抑制し,T細胞への脱抑制を引き起こします。これによって痛み情報が中枢に伝わります。彼らは,このような神経回路およびシナプス機序によって,第一次感覚線維のうちL 線維の活動がS 線維のそれを上回れば,SG 細胞が活性化され T 細胞の活動が抑制されると考えました (トップ画像を参照してください) 。

Gate control theoryの修正

 この理論は後に辺縁系,縫線核および網様体系からの下行ニューロンの影響を含めた内容へと修正されました。これは,1960年代後半から脳への刺激が疼痛を和らげることを示唆する報告,あるいは感情や情動が痛みに影響を与えることが臨床的な報告がなされ,上位中枢からの下行路が疼痛を抑制する可能性が指摘されたためです。実際に,1979年には Allan Basbaum と Howard Fields によって下行性疼痛抑制系が証明され (Basbaum and Fields, J Comp Neurol. 1979) ,疼痛抑制に下行性の経路が関与することが明らかとなりました。

Gate control theoryの矛盾

 この理論は多くの問題点を含んでおり,完璧な理論とはいえません。重要な問題は,理論の発表から40年以上経過したにもかかわらず,この理論の中核をなす SG を介した神経回路やシナプス機序についての実在が証明されていないことです。例えば,Mendell らの報告とは異なり,C 線維刺激によって陽性後根電位ではなく,陰性後根電位が発生するという報告があります (Zimmermann, Science. 1968) 。また,太い Aβ 線維からの入力が脊髄後根ニューロンへの抑制効果を示さなかったとする報告もあるのです (Manfredi, Arch Ital Biol. 1970;Pomeranz, Brain Res. 1973) 。これらの結果は Gate control theory とは矛盾しています。また,最近の報告では非侵害性の電気刺激の後に侵害電気刺激を行ったとしても,痛覚誘発磁場が減少することから,脊髄レベルだけではなく,より上位の中枢レベルで抑制が生じる可能性も指摘されています (Inui et al., Cereb Cortex. 2006) 。

Gate control theoryが伝えたもの

 結局,この理論では触刺激による痛み感覚の抑制が,どこで,どのように生じているかについて明らかにすることが出来ませんでした。しかしながら,Gate control theory に端を発した種々の研究によって,痛み情報を上位中枢に伝える神経細胞は,末梢あるいは上位中枢の様々な領域から下行性に影響を受け,それらの競合の結果として痛み情報が入力量がコントロールされて痛みの感覚が生じていることが明らかとなりました。つまり,末梢から脊髄後角への刺激を変化させること,あるいは上位中枢の活動,すなわち感情や情動の変化によって疼痛が制御されることは事実であり,これらの研究成果は臨床において経皮的電気刺激 (TENS) による疼痛緩和や,メンタルヘルスによる疼痛緩和に応用されています。

解剖生理学(関連記事一覧)


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A
Facebookページもあります

*この記事は,リハビリテーションに関する理解・知識を深めるためのものであり,特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


関連記事


この記事にコメントする