ホメオスタシス:病気 = 恒常性の破綻


 人の健康と病気を理解する上で,ホメオスタシス homeostasis(恒常性あるいは定常性ともいわれる)を意識する必要があると考えています。そこで,この記事ではホメオスタシスについて説明して,さらに病気との関係について述べたいと思います。

生体の内部環境

 われわれのからだを構成している細胞の中で,外界の空気や水と直接接触しているのは皮膚や粘膜の細胞だけで,ほかの細胞は皮膚や粘膜で遮断されて細胞外液と呼ばれる液体の中で生活しています。からだの外の環境を外部環境と呼ぶのに対し,この細胞外液はからだを構成するほとんどの細胞の生活環境となっているところから,内部環境と呼ばれます。内部環境という概念をはじめて提唱した19世紀のフランスの生理学者クロード・ベルナールと言われています。

ホメオスタシス:内部環境を保つこと

 そのクロード・ベルナールは「生命現象はいろいろな姿で現れるが,結局は,内部環境の恒常性を保つという唯一の目的しか持っていない」と言いました。細胞は環境の変化にきわめて敏感なので,すべての細胞が正常な機能を営むためには,内部環境の条件,すなわち,浸透圧,pH,電解質組成,ガス組成 (酸素と二酸化炭素) ,温度などが常に最適の状態に保たれなくてはいけません。

 われわれのからだを構成する細胞や器官が,内部環境の恒常性維持という l つの目的に向かってはたらくためには,個々の細胞や器官のはたらきを協調させ統御する機構が必要になります。この統御は神経系と内分泌系によって行われています。ウォルター・キャノン (1929) はベルナールの考え方を神経と内分泌に関する多くの実験を通して発展させ,生体内の各器官の相互連絡および統御機構のはたらきにより,生体の内部環境が一定に保たれていることをホメオスタシスと呼びました。

ホメオスタシスによる動的平衡

 ホメオスタシスの定義は,変化する環境の中で,生体の生理的平衡 (浸透圧,pH,電解質組成,ガス組成,温度など) が保たれている状態を言います。これは別な言い方をすると,生体では動的平衡が成り立っているということになります。動的平衡とは,例えを挙げると細胞膜を挟んだそれぞれのイオンは平衡状態ではなしそれぞれの方向にイオンが移動していますが,このイオンの動きの収支決算である静止膜電位は安定している,といったようなことをいいます。

病気とホメオスタシス

 われわれが個体として生命を維持していくためには,このホメオスタシスを保つことが必要です。しかし,感染であったり,免疫異常などの原因により,体内のホメオスタシスが著しく乱されることがあります。このような状態を病気になるといいます。

 ホメオスタシスの乱れが生体の自動調節機構(これをホメオスタシス機構といいます)の能力の範囲内にあれば病気から回復できますが,自動調節機構の能力の範囲を超越して体内のホメオスタシスが乱れた場合,あるいはその能力に破綻をきたした場合には死に至ることになります。

ホメオスタシスを意識して診療する

 われわれ医療従事者が意識することは,「患者さんが治癒する」ということは,最終的には患者さん自身のホメオスタシス機構が内部環境を保てるように働いた,つまり,患者さん自らが病気を治すのだということです。手術,投薬,食事療法や運動療法は,その手助けをするにすぎません。しかし,手助けをするにもどういった内部環境に働きかけるのか,その介入が他の内部環境の平衡状態を崩す結果とならないか,よく考える必要があります。

解剖生理学(関連記事一覧)